中医学について

中医学とは


「中医学」とは「中国伝統医学」を略で、西洋医学(現代医学)とは異なった考えで【人間の身体と心】を総合的に診て【人を診る】医学です。

中医学は鍼灸、漢方、気功、薬膳等に用いられ、その方の体質や病気の性質、体内のエネルギー(気・血・津液)バランス、病気の進行具合を把握し、体質改善のきっかけを作り、治していきます。

 

皆さんが多く遭遇する・・・

  • 肩凝り
  • 腰痛
  • それらに繋がりのある症状 

中医学は、四診(望・聞・問・切)を用いて、その方の生活背景や身体の状態等を把握し、問題の引き金となる原因を突き止めその時、その方に合った施術を行ます。そして【身体が良くなる為の身体作り】【体質改善】のお手伝いをさせて頂き【根本施術】に努め、治す為の施術を行います。

 また、ちょっとした身体の不調は「サイン」であります。身体に強く根付く前に、問題を大きくしない様に、未然に防ぐ【未病施術】を行います。

 

中医学では「肩凝り」や「腰痛」を一つとっても、一人一人原因は異なり、施術の仕方や施術内容も異なります。

 

その為、同じ様な施術でなく、その時、その方に合わせた施術をしていく事が重要になります。

 

そうした、中医学の

  • 人間の身体と心を総合的に診る
  • 人を診る
  • 根本施術
  • 未病施術
  • フルオーダーメイド施術

で幅広く対応し、原因不明な症状、お困りの症状へと対応し、治す為の施術をしていきます。 

 

中医学では特定のツボや経絡上等に鍼灸等で刺激を与えてあげる事で下記の効果があります。

  • 気・血・津液の通りを良くしたり調整する
  • 内臓器の働きを調整する
  • 冷たくなっている物を温める
  • 熱くなっている物を冷ます
  • 余分な物を取り去る 等

中医学の考え方


中医学の考え方には【気・血・津液】【陰・陽】【五臓六腑】【外因】【内因】【不内外因】が関係してきます。

 

生命の源

血液・栄養素
津液

尿・汗・リンパ液

五臓・血・液・寒・夜 等

六腑・気・津・熱・昼 等
経絡

気・血・津液・臓器・器官(目・舌・口・耳・鼻)・体表の連絡通路
経穴

連絡通路上にある蛇口・スイッチ
五臓六腑

肝・心・脾・肺・腎・胆・小腸・胃・大腸・膀胱・心包
外因(病邪)

季節・天候・気温
内因(感情)

ストレス等による精神的な負荷や出過ぎた感情
不内外因

夜更かしや暴飲暴食等の生活習慣の乱れ・怪我

 

身体の中では、体内エネルギー(気・血・津波)、五臓六腑、経絡が働き合い助け合っています。

そして、何かをきっかけにバランスが崩れます。そうすると、色々な不調が身体に表れたり、原因不明の症状が現れていきます。

 

 医学は病気でないけれど「健康ではない」と言う「未病」の状態、長い間患ってしまっている状態、幅広い疾患に対応し治していきます。

 

心身のバランス、体内エネルギーのバランスを整えて、長年の患っている状態を良くする体質作りの施術、病気を未然に防ぐ為の体質作りの施術を行い、治していきませんか?