中医学とは


「中医学」とは「中国伝統医学」の略で「西洋医学(現代医学)」とは異なった考えで【人の身体と心の状態を総合的に診て“人”を診る】医学体系です。

 

患者様お一人お一人のお身体に合わせた【オーダーメイド治療】をさせて頂きます。

 

様々な病態や疾患へ幅広く対応し【根本治療】【未病治療】より「不定愁訴」や「原因不明な症状」「お困りの症状」へと対応していきます。

 

「東洋医学(中医学)」では、病(やまい)を患っていないけれど「健康な状態ではない=些細なお身体の不調」と言う「未病の状態」は早めに対応する事が大切であるとされています。


自覚症状はあるが、MRIやレントゲン、血液検査で異常が見られない状態です。

 

「些細なお身体の不調」は「身体が助けを求めるサイン」です。

 

生活環境や自然環境などの乱れにより「不定愁訴」や「原因不明な症状」が発生してしまい、多くは「未病の状態」である場合があります。

 

こうした「未病の状態」で治療を受ける事に、早い段階で「病(やまい)気」に対応できます。


患者様ご自身の「体質改善」を図り、身体の回復が早まり「未病治療」をする事ができます。

 

いわゆる、病(やまい)気の原因を追究(=未病治療)をし、改善していく「根本治療」に繋がるのです。


身体の中では、体内エネルギー(気・血・水)、五臓六腑、経絡がそれぞれが助け合い、働き合っております。


これらは「ストレス」や「不規則な生活」「気候の変化」「生活環境の変化」などをきっかけにバランスを崩してしまい、様々な症状が身体に現れ「不定愁訴」や「原因不明な症状」などに繋がると考えられております。


「中医学」では、四診(望・聞・問・切)を用いて「お困りの症状」をはじめ「患者様の体質」「体内エネルギー(気・血・水)のバランス」「病(やまい)の性質」や「病(やまい)の進行具合」など「状態把握」をしていきます。


「西洋医学(現代医学)」では、MRIやレントゲン、血液検査などの結果で病状を把握し、お薬の処方などをしております。


「中医学」は「西洋医学(現代医学)」とは異なり、病気だけを診て判断せず【お身体の状態】と【精神の状態】を総合的に診て判断していきます。


その方法として「四診」があります。

「四診」とは「望(ぼう)・聞(ぶん)・問(もん)・切(せつ)」の4つの診断方法を指します。


ー望(ぼう):目で見るー

施術者の目で患者様の「姿勢」や「顔」「皮膚」「舌」などの状態を観察し、体質を把握致します。


「中医学」では「舌」は「内臓の鏡」と言われており「内臓の状態を」表しております。「色」「質」「形」や舌の表面に付く「舌苔(ぜっだい)」の状態をご確認して、体質を把握していきます。


ー聞(ぶん):音を聞くー

施術者の鼻と耳で患者様の「声」「臭い」などを問診と同時進行でご確認して、体質を把握していきます。


ー問(もん):症状を問うー

「患者様のお困り症状」や「症状の発生から経過」などをお聞きしていきます。また「お困りの症状」に間接的に結び付く情報をその時の状況(自然環境:気候/季節)を踏まえて、お聞きしていきます。


既往歴/家庭や仕事などの生活背景/精神状態/睡眠状況/食欲状況/お通じ/お小水/月経/出産 など


これらは「患者様のお困りの症状」の原因に繋がる情報になりますので、詳しくお聞き致します。


ー切(せつ):身体に触れるー

施術者の手で患者様の「お腹」「脈」「肌」「痛みのある場所」のご確認をさせて頂きます。


患者様の「お腹」や「脈」などへ直接、触れる事で「お困りの症状の状態」や「病(やまい)が身体の何処にあるのか」を把握致します。


上記の様な情報を整理し、中医学で決まった原則を基に治療方針を立てて、特定の経穴(ツボ)や経絡上へ「患者様お一人お一人に合わせた治療」で刺激を加え、人間が本来持つ自然治癒力に働き掛け、体内環境を整えていきます。


その結果、体質が変化していき「病(やまい)気になりにくい身体作り」が出来ます。


「中医学」における「肩凝り」や「腰痛」などの1つの症状をとっても「発生原因」は異なります。


それは、患者様お一人お一人の身を置かれている環境や生活背景、状態などが異なるからです。その為、治療方針や治療内容も異なり、同様の治療方針や治療内容でなく、その時その時に合わせた治療をしていく必要があります。


患者様の生活背景を理解して、合わさせた治療を進めていき【〝病(やまい)〟を診る】のでなく【人の身体と心の状態を総合的に診て〝人〟を診る】と言った事が、中医学の医療体系に基づいた【オーダーメイド治療】になります。